視力回復手術レーシックの術前から術後まで(動画入り)



スポンサードリンク

視力回復手術イントラレーシックとは?



イントラレーシックとは従来のレーシックよりもさらに安全性と精度が高まったレーシック手術です。

イントラレーシックが従来のレーシック手術と違う点は、角膜にフタ状のフラップと呼ばれる部分を作成する際に、高精度な医療用レーザーを使用するというところです。

従来のレーシックではステンレス製のマイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップ(角膜に作るフタ)を作成していましたが、イントラレーシックではその代わりに高性能のレーザーを用いることによって手術の安全性が高まり精度も増しましたので、極めて精度の高いレーシック手術が可能です。

手術はすべて豊富な経験を積んだ眼科専門医が実施します。

このイントラレーシックに関する不安な点や手術に関する疑問などがあったら、専門医に相談してください。

イントラレーシックのメリットとしては、従来のレーシック手術では一時的に生じることのあるドライアイの出現率が低いことが挙げられます。

そして従来のレーシック手術に比べて、さらに安全にフラップ(角膜に作るフタ)の作成が可能になり、 矯正精度の向上も期待できます。

それに角膜の形状が極端な方にも安全なレーシック手術が可能になりました。

イントラレーシックでは、フラップ(角膜に作るフタ)作成における全ての手順をコンピューター制御で行うため、フラップ(角膜に作るフタ)の厚み・大きさ、ヒンジ(フラップを支える部分)の位置・長さなどの設定が自由にできます。

このような特長により、特に角膜の形状が急峻または平坦で従来のレーシック手術ではフラップ(角膜に作るフタ)の作成が困難だった人も、安全にレーシック手術を受けることが可能となりました。

角膜の形状はもちろん手術前の検査で測定を行います。

今後は、レーシックに代わりイントラレーシックが主流になっていくと思われます。

視力回復手術レーシックのリスク

視力回復手術レーシックはリスクがゼロということでははもちろんありません。

しかしレーシック手術の安全性が非常に高いということは世界的に認められていることです。

レーシック手術に対して不安を抱いている人は少なくないと思いますので、術前検査や問診などで疑問な点を解決し不安を払拭してから、信頼のおける病院で手術に望むのが大切です。

従来のレーシックと比べてより安全で精密な手術であるイントラレーシックというものもありますので、よく調べて安心してレーシック手術を受けられる、眼科やクリニックを探すということもレーシックのリスクを減らすことにつながります。

副作用や合併症が起こるケースとして下記のものが挙げられます。

●ドライアイ
目の表面を覆う涙液の不足によって目が乾く病気です。

● ハロ現象とグレア現象
暗いところで光をまぶしく感じたり、にじんだように見える症状です。
posted by eyetrer at 09:52 | 視力回復手術レーシックのリスク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。