視力回復手術レーシックの手順:視力回復手術レーシックの術前から術後まで(動画入り)



スポンサードリンク

視力回復手術レーシックの手順



視力回復手術レーシックの手順は下記のとおりです。

1.点眼麻酔
点眼液は、少し刺激のある目薬をさしたような感じです。

2.マイクロケラトームでフラップ(角膜に作るフタ)を作る
マイクロケラトームというカンナのようなレーザーで、角膜実質を薄くカッティングします。

3.フラップ(角膜に作るフタ)をめくる
角膜床につながった状態のフラップ(角膜に作るフタ)をめくります。

4.エキシマレーザーを照射する
数十秒、レーザーを当て、角膜の屈折力を変えます。

5.フラップ(角膜に作るフタ)を戻す
レーザーを当てて、角膜の修正が終わったら、フラップ(角膜に作るフタ)を戻してやります。

6.抗生剤の点眼
フラップ(角膜に作るフタ)が自然に接着するのを持ちます。
要する時間は片目15〜20分ですが、
痛みはないものの、眼を引っ張られているような感覚が多少あります。
posted by eyetrer at 11:49 | 視力回復手術レーシックの手順
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。