視力回復手術レーシックの術前検査:視力回復手術レーシックの術前から術後まで(動画入り)



スポンサードリンク

視力回復手術レーシックの術前検査



視力回復手術レーシックには手術の前にいくつかの検査をする必要があります。
目を様々な角度から検査し、分析することにより、レーシックに向いているかどうかを判断するためです。
術前検査は、手術が受けられるのか?、どのような手術が適しているか?などを調べるためのものですので、適合となったからといって、すぐ手術を受けなくてはならないということでははありません。
レーシックを受けられるかどうかの参考なので、レーシックに興味がある人は、術前検査を受けてみることがおすすめです。
医師との問診などでレーシック手術に対する不安を取り除いてから、手術を受けるかどうかをじっくり考え、十分納得してから決めましょう。

術前検査のおもな項目は下記のとおりです。

●問診・カウンセリング
患者と医師のあいだで問診及びカウンセリングを行います。
どんな結果を望むか、また疑問な点なども聞けて、不安の解消にもつながります。

●視力検査
近視・乱視の度数や角膜カーブ、裸眼視力と矯正視力の測定をします。

●屈折力測定
角膜と水晶体の屈折力を測定しますが、計測後、調節麻痺剤を点眼して再度測定する場合もあります。

●角膜厚測定
角膜の厚みを正確に測定し、レーシックに適応する角膜厚があるかどうか判断をします。

●角膜形状の測定 
角膜の形状、屈折力、角膜がどの程度、湾曲しているかの検査です。

●眼圧測定 
目の固さを測定しますが、眼圧が異常に高い場合は緑内障の疑いがあります。

●角膜内皮の検査 
角膜細胞の状態を調べる検査です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。