視力回復手術レーシックとは?:視力回復手術レーシックの術前から術後まで(動画入り)



スポンサードリンク

視力回復手術レーシックとは?



視力回復手術レーシックとは、レーザー治療で視力が回復できるという画期的な視力回復方法です。
欧米では一般的な視力回復方法で、日本でも近年だいぶ普及してきました。
10分〜15分の手術でメガネもコンタクトもいらなくなるという脅威の視力回復法です。

視力回復手術レーシックは、エキシマレーザーという医療用レーザーを使った視力回復の新技術で、欧米ではレーシックは一般的な視力回復手術として定着していますが、この日本でも、2000年に厚生労働省がエキシマレーザー装置の使用を認可して以来、
レーシックは急速に普及してきています。
近視の眼では光のピントが合わずものがぼやけて見えますが、そのエキシマレーザーによって角膜を少し削ることによりピントが合うように補正してやるのがレーシック手術です。

レーシック手術を受けたプロゴルファーのタイガー・ウッズ選手が手術後、成績が向上したのは有名なはなしですが、それ以外にも、視力回復を望む多くのスポーツ選手、芸能人、著名人がレーシック手術を受けています。
世界では、毎年150万人もの人がこのレーシックを受けており、手術の時間は15分程度で痛みはほとんどなく、視力の回復も早いのが特徴となっています。

最近、画期的な視力回復方法として注目を集めているのが視力回復手術レーシックなのです。
posted by eyetrer at 12:28 | 視力回復手術レーシックとは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。