視力回復手術レーシックによる視力回復度:視力回復手術レーシックの術前から術後まで(動画入り)



スポンサードリンク

視力回復手術レーシックによる視力回復度

視力回復手術レーシックを受けた場合の手術後の視力回復の度合いですが、視力が1.0以上まで回復した人が90%以上、0.7以上に回復した人は、100%に近いというデータが出ています。
レーシックを受けた場合の視力回復の度合いは、個人差はもちろんのこと、レーシック手術を受けた病院やクリニックによっても異なるといわれています。
目安ですが、レーシックで回復するといわれている視力の範囲はメガネやコンタクトレンズで矯正して見える範囲といわれています。
例えば、メガネやコンタクトレンズをつけて1.0以上見えていれば、レーシック手術を受けることで、同じく1.0以上は視力回復する可能性があるといえます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。